ハワード種クルミ

ハワード種のクルミは、およそ25年前に発表されて以来、順調に人気を高めています。カリフォルニア大学が開発したこの大きく、丸く、滑らかな品種はしっかりと殻が閉じており収穫時期としては中手種です。明るい殻の色と魅力的な形状でよく知られている ハワード種のクルミ 大きな、ライトカラーの風味の良いカーネルが特徴的です。ハワード種のクルミはカリフォルニア州のクルミの生産量の75%をしめる、上位6種のクルミに含まれています。

特徴

殻: 
薄めであるがチャンドラー種より厚い
色: 
ライト、しかしチャンドラー種ほど明るくない
収量: 
通常 48-52%
風味: 
チャンドラー種より自然なクルミの風味が強い
ハーフ収量: 
高い、しかし殻の厚みの分、 チャンドラー種ほど高くない