ペイネ種クルミ

古くからの品種の一つ、ペイネ種は、1898年にサンタクララ郡の園芸家、ジョージ・C・ペイネ氏が作出したものです。通常、シーズン最初に収穫されるペイネ種の大きさは小~中サイズで殻は非常に良く閉じています。今日栽培されているクルミの多くは、ペイネ種を先祖に持っています。

特徴

殻: 
固い
色: 
ライトアンバー
収量: 
47-50%
風味: 
非常に良く、最高とされるものの一つ
ハーフ収量: 
殻が厚いため少ない