チュラーレ種クルミ

チュラーレ種のクルミは、収穫量が多いことで知られ、殻付きクルミとして人気が高まっている品種です。比較的新しい品種であるチュラーレ種は、1967年にカリフォルニア大学のユージン・セールとハロルド・フォーデが主導したクルミ品種改良プログラムで得られた種から作出されました。カリフォルニアのセントラルバレーにある郡の名前を取って名付けられたチュラーレ種は、収穫時期としては中手種であり、州のクルミ生産量の中でも大きな割合を占めます。

特徴

殻: 
薄めであるがチャンドラー種より厚い
色: 
薄めであるがチャンドラー種より厚い 、 色 殻を剥いた直後はライト、 その後ライトアンバーに変化
収量: 
高い-通常50-53%
風味: 
チャンドラー種より自然なクルミの風味が強い
ハーフ収量: 
良好、しかしチャンドラー種やハワード種ほど多くない