殻付きクルミ

カリフォルニア大学は1979年に、カリフォルニア大学デービス校の果樹園芸学教授、W.H. チャンドラーから名前をとったチャンドラー種のクルミを発表しました。
ハートレー種のクルミは1915年の世界博覧会に出品され、優れた殻付きナッツとしてブルーリボン賞を受賞しました。
The Tulare walnut is an increasingly popular inshell variety, known for its high yield. A newer variety...
ハワード種のクルミは、およそ25年前に発表されて以来、順調に人気を高めています。
古くからの品種の一つ、ペイネ種は、1898年にサンタクララ郡の園芸家、ジョージ・C・ペイネ氏が作出したものです。
ヴィーナ種のクルミは早生~中手種であり、サンホアキンバレー北部の生産者に人気の高い品種です。
ウォータールー種はユニークな伝統的品種です。カリフォルニア州のクルミ栽培面積240,000エーカーのうち、ウォータールー種が栽培されているのは534エーカーに過ぎません。